あなたは「感覚派」?「理論派」?【簡単なテストも用意しました】

2019年6月6日

Pocket

 

どうもTAROです。twitterはこちら

さりげなく毎日投稿にチャレンジ中です。

 

先日こんな投稿をしました。

 

https://twitter.com/dot9_taroblog/status/1128281677451554816

 

私は現役美容師でして、営業中にこんな事をふと考えていました。

今回はこれを深掘っちゃいます。

 

あなたは感覚派?理論派?

 

誰しもが一回はこんな経験した事があるんじゃ無いでしょうか?

 

この説明ぜんっぜん何いってるかわかんないなぁ〜。。。

 

何か勉強をしたり、人に相談したりした時になんかしっくりこない。

それは単純に教えるのが下手だったり、求めている答え出ない話になっている場合もありますが。自分の得意な考え方、捉え方と説明が一致していない場合もあるかも知れません。

 

代表的な感覚派

 

スポーツ選手で例えると

  • 長嶋茂雄(プロ野球界のレジェンド)
  • 澤穂希(女子サッカー選手)
  • 桐生祥秀(陸上短距離選手)

レジェンドがいますね。よく感覚派の代表として選出されるのが長嶋さんだと思いますが、長嶋さんに「どうしてそんなに打てるのですか?」と聞くと

「ボールがね?グワァーと来たらね?クッて引いてドンっ!

長嶋茂雄

 

…凄いですね。笑

おおよそ常人には理解が出来ないと思います。

感覚派の方の特徴としては話や説明等に高確率で擬音が入ります。「ここがシュッとしてて〜」「ふわふわだから〜」等。具体的な数字はありません。

 

 

代表的な理論派

 

こちらもスポーツ選手で紹介すると

  • イチロー(野球選手)
  • 本田圭佑(サッカー選手)
  • 羽生結弦(フィギュアスケート選手)

 

こちらもそうそうたるメンツですね。

こちらはうって変わってガチガチに説明出来ます。「このパターンは、角度が…足の開きが…」など一つ一つにしっかりと理由があります。

理論派の特徴としては「何故そのアプローチなのか?」や「前回のパターンだと」など答えに行き着くまでの過程や過去のデータ等から説明が入って行きます。

僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、 どうしてヒットを打てるかを 説明できるからです。

イチロー

 

両者の捉え方の違い

 

前記でも書いた通り両者に同じ事を説明しても捉えてるポイントが全然違うので、効果も変わっていきます。美容師の練習を例にお伝えします。

 

理論派先輩「このスタイルを切るには何を意識する?」

 

感覚派後輩「くるくるなんで、切り過ぎないようにします」

 

理論派先輩「 (くるくる??)

うん、モデルさんは眉毛の細さやメリハリのある顔立ちだから、キレイ系が似合うと思うんだ。だから前髪は切らないでキープ。あとはレイヤー(段)もそんなに入れなくてもいーよ」

 

感覚派後輩「 (眉毛の細さ?顔立ち?)

わかりました。長さはバツっとした感じで、外人っぽくって感じですかね?」

 

理論派先輩「...(何いってんだこいつ?)」

感覚派後輩「...(先輩の話硬いなぁ)」

 

 

なんて会話が結構どこでも繰り広げられてたりします。

二人は同じ画像を見ているのに、見ているポイントが違うためQ&Aが成立していません。これは美容師だと先輩後輩だけでなく、お客様とスタイリストの間でも起きるズレポイントなんです。

このすり合わせがきちんと出来ていると、

「この美容師さん上手いなぁ」「私の好みと合うかも!また来よう!」っと指名に繋がりやすくなります。

 

感覚派か理論派を見極めるには?

 

では後輩やお客様に分かりやすくイメージを伝えるにはどうしたら良いでしょうか?簡単に感覚派なのか理論派なのかを見分けるポイントをまとめます。

 

記事の最後に簡単なテストも用意するのでやってみて下さい。

・感覚派の特徴

  • 話かたに擬音が多い
  • 自分が何故出来たのかを上手く説明出来ない
  • 考えるより、やってみる
  • 過去のデータ等はあまり気にならない
  • 真似をするのが上手い(吸収が早い)

 

 

・理論派の特徴

  • 話に数字や過去の例が良くでる
  • 結果より過程が気になる
  • 一度出来るようになると改善で一気に成長する
  • 自身で検討を繰り返すので、人に教えるのが上手い

 

こんな感じですかね。どちらも得意不得意があり、どちらが良いとかはないかなと。個人的には私自身がベース理論派なので「天才」っぽい感覚派に憧れはあります。笑

 

教える側が対応してあげれば最強

 

先輩は入ってくる後輩を選んだりすることは出来ません。なので入ってくれた後輩に指導する際は、まず後輩がどちらのタイプなのかを見極めてあげることがポイントになるかもです。

私も後輩指導に付いていますが、同じ風に伝えても伝わる子と伝わらない子がいて。今までは伝わる子は要領が良いんだなぁ〜程度に思っていたんですが、今になって考えると感覚派タイプの子だったなと適応出来てない自分が不甲斐なかったです。

 

伝える相手によって話方を変えてみよう

 

 

感覚派と理論派のハイブリットもあり

 

 

前記のtwieetにも書いた通り、ベースは理論派な私ですが施術によっては感覚のマリオネットになる瞬間がありました。私の場合はシャンプーやカラーの選定などが感覚でいった方が上手くいくことが多いみたいです。

 

なので、「自分は理論派だから構造理解しなきゃ」と意固地にならず上手くいかなかったら感覚にSOS出すのも間違いではないです。

 

自分は何派?簡単テスト

この記事を書くに当たって調べていたら簡単なテストがありましたので共に紹介しておきます。

https://twitter.com/dot9_taroblog/status/1130853239874674690

 

ちなみに私の結果はこちら

今回引用させて頂いたサイトMIRRORZ

 

 

さて、皆さんは何タイプだったでしょうか?

このタイプはあくまで目安なので先ほども書いたようにプレッシャーにならないように生活して下さいね。

 

では、次の企画で会いましょう!