手荒れの原因は日常のアレ!?対策5選!【美容師は手荒れのプロです。】

2019年9月24日

Pocket

こんにちは!

現役美容師TAROです!twitterはこちら。

 

今回は美容師に限らず、全国の手荒れに悩む方の悩みを解決していきます!

 

Left Caption

TARO

美容師って最初のうちは結構手が荒れたりするんだよな...。  忙しくて病院に行く時間もないし何か自宅でケアできないかな??

 

こんな事を思っている方多いんでは?

 

そんな悩みに現役美容師5年目の私が答えていきます。

 

美容師は常日頃から手荒れに悩んでいる人が多いです。一度荒れてしまうと日常的に水に触れている方は直す時間がなかなか無かったりしますよね?

 

今回はなぜ手が荒れてしまうのか?効果的な対策は?などなど

 

美容師の先輩から教えてもらった方法や、自分で調べて実践した方法を記事化していきたいと思います。

この記事を読んで欲しい方

  • 美容師なりたてシャンプーマン
  • 日頃から手荒れを気にしている方
  • 水仕事に奮闘している奥様や、水を使う仕事に就いている方

 

 

 

手荒れの原因は?

 

 

皆さんは美容室に行ってアシスタントの手をじっくり見る事はないでしょうが、結構荒れていたりします。

美容師の手はなぜ荒れてしまうのでしょうか?

 

主な原因は以下になります。

  1. 皮膚の過度な油分不足
  2. 薬液や仕事で使う物に対するアレルギー
  3. ドライヤーでの感想
  4. 身体、精神の疲労

 

一個一個説明いたします!

 

皮膚の過度な油分不足

まず大きな原因の一つが手のひらの油分不足です。

これはなぜ起きてしまうか?と言うと簡単に言うと”シャンプー”です。なんと美容師にとって避けては通れないシャンプー。。。これはなぜか?

 

シャンプーはご存知の通り頭皮の汚れを落とすために使います。

仕組みとしてはシャンプーに入っている皮脂を落とす成分が皮膚にある余分な油や髪についているワックスやオイルなどを落とすのですが、

美容師は接触している時間が長いために手の必要な油分まで落としてしまって荒れてしまう。と言うわけです。

普通の方は多くて1日に2回程度のシャンプーも美容師だと40〜50回はしますからね。そりゃ手の油分なんてこれっぽっちも残りません。

 

それだけではなく主婦の方等にも当てはまりますが、

洗い物等をする際にも使う”お湯”これも油分を落としてしまいます。

油たっぷりの皿の汚れを落とす時にお湯で洗った方が水で洗うより早かったりしますよね?それが手にも当てはまってしまうんです。

「手の油が無くなっている状態」

 

 

 

 

薬液や仕事で使う物に対するアレルギー

次に原因となるのが単純にアレルギーです。もしかしたら皆さんも一つはあるかも知れませんが、皮膚のアレルギーは結構珍しくありません。

詳しく書いてあるページがありました。>理美容師の職業性接触性皮膚炎について

 

これは美容師の離職原因の大きな理由の一つです。主なアレルギー 原因としては

 

・カラーリングやパーマの薬液
・カラー手袋とうのゴム製品
・シャンプー剤
・他人の髪によるアレルギー なんてのもあります。

 

 

これらのアレルギーは普通に生活をしていたら気づかない場合が多いですが、日常的にアレルギー 物質と触れ合う時間が長い職の人は発症してしまう事があります。

時間とお金に余裕があるタイミングで一度チェックしておくのもいいかも知れません。

 

「身近にあるもののアレルギー」

 

 

 

 

乾燥による皮膚弱体化

乾燥による皮膚の弱体化もあります。乾燥は美容師や主婦の方からしたら冬の限定的な症状ではありません!

常日頃から手などが濡れている状態が多い場合は、油分不足と共に皮膚の乾燥も誘発します。なぜかと言うと手の水分が気化する時に皮膚の栄養分も一緒に持って気化してしまうからです。

それが起こらないように皮膚には通常油分があるのですが、それもできず。。

完全に手荒れにマウントを取られた状態になってしまうのです。

 

「油分の無い状態は乾燥しやすい」

 

 

 

 

身体、精神の疲労による体調不良

これは手荒れに限らずですが、身体が極端に疲れていたり精神的にしんどいタイミングでは身体の免疫が低下してしまいます。

私も経験ありですが、仕事を始めたばかりや繁忙期のタイミングで身体の異変は起こります。

上京する前はまったく無かったアレルギーが状況した途端に発症した!なんて後輩もいました。疲れが溜まってきたなと思ったらたまには早く帰って、ゆっくりするのも大事だと思いますよ。

美容師に限らず生きていく上での本当の資本は身体です。

詳しくはこちらを参考に>OMRON 免疫力を上げるには?

 

「疲れすぎるとアレルギー 発症するかも」

 

 

 

手荒れに有効な対策5選

 

さて、これで原因の解明が終わりました。

大事なのはここから!

 

手荒れに対して美容師歴5年の私が実践してきて実際に効果があったな!という物のみをご紹介します。

 

 

1:早めの処方箋使用!

ぶっちゃけこれが一番効きます。なんでもそうですが専門品には勝てませんし、一番速攻性があります。

これも事前に病院にいくと処方してくれない場合がありますので、毎回手荒れがひどくなることをしっかりと伝え抗アレルギーの物をもらいましょう。

症状が悪化しそうだなと思ったらすぐに病院へ!

 

 

 

2:寝る前こそ最大のケアを!

営業中は忙しくてこまめにケアが出来ない事もあります。なので一番有効的に使える睡眠の時間を使わないてはありません。

私はハンドクリームを塗った後に100均の透明な使い切りの手袋をして寝ていました。朝起きたら手袋が取れていた。。。なんてこともあるので緩くゴムで止めていました。

ただし、完全に密封してしまうと手汗で蒸れてしまうので小さい穴を開けておくのがポイントです!

私が実際使っていたものはこちら

KIEHLS (キールズ) ハンド サルブ 75ml [並行輸入品]

少し固めでしっかり保湿な感じで手袋をするときも苦にならなかったです。

 

 

 

3:忙しい?いやいや、絶えずハンドクリーム!

 

営業中のアシスタントや忙しい主婦の方々にはもしかしたら大変と感じたり、めんどうだなぁ〜と感じるかも知れませんが、予防の意味でも応急処置でも有効なのはやはり”ハンドクリーム”です。

 

ハンドクリームにも色々な種類があります。香りがいいもの、薬用のもの、サラサラタイプやしっとりタイプなど。自分にあったものが必ずあります!

私がアシスタント時代に使っていたのはこちら。

Neutrogena(ニュートロジーナ) ノルウェーフォーミュラ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用 無香料 50g

 

これは比較的安価で、サイズも小さくポケットに忍ばせられてナイスです。お客様に触れたりすることもあるのでサラサラタイプがベスト!

 

 

 

 

4:早く技術を身につけて!

シャンプーや水仕事による作業が大ダメージなのは分かりましたね。

では対策はどうとるか?簡単です。その作業をしなくてもいいようにレベル上げちゃいましょう!アシスタントならシャンプーマンからカラーやパーマも出来るスーパーアシスタントに。

 

主婦の方ならアフィリエイト等でおこずかい稼いで全自動食器洗い機をおくのも有りです!

 

まあ大げさな話ですが、早くレベルを上げる事にデメリットは無いという事です。

 

 

 

 

5:生活リズムを正そう!

 

先程もお話しましたが、何をするにも身体が資本です。

 

美容師は仕事柄時間も遅く、食生活も乱れがちです。そのままではいくらケアに力を入れても効力は半減です。

早寝早起きは厳しいかも知れませんが、少しでも食生活を見直したり、寝る前のYoutubeを少し減らして睡眠時間を少し長くするのは難しく無いかも知れません。

 

私も不注意で小指を骨折した事が有りますが、美容師が手をケガするなんて愚の骨頂!そのころはシャンプーもできず勿論カラーもできない。やる事無さすぎて1日経つのがおそいおそい。。

まぁこれはただの不注意ですが、身体は健康に保ってこそのプロです。

 

 

まとめ

 

Left Caption

TARO

さて、今回も記事化が終了を迎えようとしています。

 

美容師なんかはお客様に直接触れたり、見られたりする仕事です。

いくらおしゃれをしたり楽しくお話をして気分を上げれたりしても、ボロボロの手を見たらお客様はビックリしてしまうかも。

あなたのせいでは決して有りませんが綺麗に見えた方が自分の気分も上がるはず!簡単な事から始めましょう!

 

 

Left Caption

TARO

決して億劫になってはダメですよ。相手にしてる気遣いをほんの少し自分にも分けてあげてください😌

 

ではまとめ!!

 

手荒れの原因は?

  • シャンプーや洗剤などによる手の油分不足!
  • 薬剤やゴム等へのアレルギー!
  • カサカサ乾燥!
  • メンタルや体調の不良!

 

解決策は?

  • 病院でもらえる処方箋の使用!
  • 寝る前の徹底集中ケア!
  • 妥協を許さずプロテクト!「ハンドクリーム」!
  • 技術を覚えて次のステップ行っちゃおう!
  • 身体が資本!身体のセルフマネジメントをしよう!

 

でした!試してみてください!

 

 

では、次の記事で会いましょう!